読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『わたし、解体はじめました』を読んで

狩猟免許をとって実際に山に入って自ら狩りをしている女の子がいるってことを、はじめて知りました。女性には狩猟は無理だろうな、と勝手に思っていたので。

狩猟というと動物を撃ち殺すゲームのようなイメージを持っている人もいるかもしれないけれど、この本を読んだら、彼女がいかに命と真摯に向き合っているかがわかります。

ゆっくりでもいいから、暮らしの中のいろいろなことをまず自分でやってみて、自分の体で感じて、自分の頭で考えて、生きていたい。命のことを考えることも、そのうちの一つです。感覚のない人生なんてつまらない。常識や「当たり前」にとらわれずに、自分の感覚のアンテナをピンと張って、感じることをやめないで暮らしていきたい。

スーパーにならんだお肉を見て、命をいただいていると実感することは難しい。

だから食肉工場に見学に行ったり、自ら解体したり、実際に行動している人の言葉は説得力があります。

モンゴルで羊の解体に2回も立ち会ったあとでさえ、わたしはいまだに食材を無駄にしてしまったり、欲しくないのに食べすぎたり。

そんなことをしていていいのな、とあらためて考えるきっかけをもらいました。

このように、猟師として暮らせるようなビジネスができれば、若い人が猟師を職業の一つとして検討しやすくなるのかもしれません。一方で、野生肉のビジネスはすこし危険をともないます。無駄に捨てられている命を食べものとして活用できるのは素晴らしいことですが、それが一大ブームとなって、もし乱獲が始まれば、オオカミのようにあっという間にいなくなってしまうでしょう。

ビジネスが成立するのは、山の生態系があってこそ。そのバランスを保つことが大前提です。

こう考えると、結局いろいろな現状の原因の多くは、人間の過度な消費生活にあるような気がして仕方ありません。

 イノシシやシカの肉の活用の話は、わたしが農業関係の仕事に就いていたころにもよく聞いた話です。有害鳥獣捕獲で獲ったあと生かせる場所がないから、仕留めたイノシシを山に埋めている、とか。

うまく活用できればいいのに、という声はよく聞いていて、実際にじわじわとここ数年でジビエ料理を出すお店なんかが増えているような気がします。

でも、そうやって活用の道が拓けても、わたしたち人間の側が消費の意識を変えなければ、同じことの繰り返しなのかも。

 

著者の畠山千春さんが登壇されたイベントにも行ってきました。

狩猟の話がメインではなかったけれど、田舎暮らしのいろんな話が聞けて面白かったです!

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

【山梨】タイニーハウスをつくるワークショップに参加して・5

12月末に第5回目のタイニーハウスワークショップに参加してきました。いつものように山梨へ。

simp.life

寒いと体が動きにくいです。

作業はいつものように3班くらいに分かれて、窓をつけたり、防水シートを張ったり、扉を作ったり。

f:id:sonoba4nogi:20160106151007j:image

わたしは主に扉を作る班に参加してました。廃材を使ってめちゃくちゃカッコイイのができましたよ!

扉の写真は撮りそびれたけども。

デザインはみんなで意見を出し合って決める

てっきり最初から設計図や仕様が決まってて、それを作るんだと思ってたんですが、このワークショップでは、デザインをみんなで話し合って決めています。

今回も、外壁の色を決めるため、夜ごはんを食べつつ、濃い色がいいなーとか、和っぽさを出すにはどうしたらいいだろう、とか、みんなで意見を出し合いました。

決められたものを作るわけじゃないというあたりが、このワークショップの好きなところのひとつ。

次回は1月23日・24日です。楽しみ!

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

2015年夏に行ってきたモンゴルの話

2015年の夏にモンゴル武者修行ツアーに参加してきました。

モンゴルを訪れるのは2回目。実に4年ぶり!

フェイスブックには投稿したけど、流れてしまうので、あらためて。

f:id:sonoba4nogi:20150715231542j:plain

雨の草原

今回は雨の日が多くてびっくり(前回は一滴も降らなかった)。1年分の雨降ったんじゃないのってくらい降った。上の写真は4年前に行ったときのものなので快晴ですけど。

でも、到着直後はほとんど伸びてなかった草原の草が、滞在期間中にどんどん緑が濃くなって、風景が変わっていく様を見ていると、ほんまに恵みの雨だなぁって実感。地面がぐんぐん水を吸って、草が面白いぐらいどんどん伸びてった!

f:id:sonoba4nogi:20160103135931j:plain

馬に乗る

相棒はタテガミのある牡馬でした。小さいし痩せてたからか、周りのスピードについて行こうとすると一番最初に駆け足になるので私は楽だったかも(中途半端に走ってるときが一番お尻痛い)

1日目はめっちゃ不機嫌で歩いてくれなくて困ったけど、4日目にはちゃんと走ってくれました。でもトップスピードは出なかったなぁ。全力疾走できた前回は本当に運がよかったみたいです。

f:id:sonoba4nogi:20160103141323j:image

カラオケゲル

前回はなかったカラオケルームならぬカラオケゲルができてて笑った。デザインめっちゃ気合い入ってるし!

モンゴル人はカラオケが好きでウランバートルの町にもカラオケ屋は多いです。馬上でもよく歌ってる。機材が韓国製で、日本の曲もかなりありました。

f:id:sonoba4nogi:20160103140150j:plain 

ご飯おいしくて2キロ太った

何年か分の羊を食べました。解体したてで新鮮だからか臭みは一切ないです。食べやすい。スープに入ってたり、肉まんみたいな料理に入ってたり。油が落ちるのがもったいないから焼き肉にはしないそう。

「モンゴルでジンギスカン食べた?」って3回くらい聞かれたけど、ジンギスカンは北海道の料理だよ!
肉以外に野菜も果物も乳製品もあります。ジャガイモがすごくおいしい。温室で野菜も作ってるし、鶏とガチョウも飼ってた!(前はいなかった)

f:id:sonoba4nogi:20160103140446j:plain

f:id:sonoba4nogi:20160103141412j:image

アルコール中毒と草原のゴミの問題

意外にもモンゴル人のアルコールの強さは日本人と変わらないそうで、なのにウォッカが手に入りやすいもんだから遊牧民はアル中が多いんだとか。飲ませすぎてヒヤッとする場面も。

草原にもウォッカの瓶があちこちに落ちてて、なんだかなぁ。草原のゴミはほんと多くて、馬が踏んで驚く場面も何回かあった。基本的に全部、土に還るものだと思ってるから捨ててくんだそうな。

 f:id:sonoba4nogi:20160103141517j:image

ウランバートル冠水

雨量がすごすぎてウランバートルが水害状態でした。車が水のなかで動けなくなってたし。土砂災害もわりとあるそう。町中はいつも渋滞。空気悪い。草原に帰りたい。

でもやっぱり便利だから、みんな都市に出ていく。遊牧民の数は減っていく。ウランバートルの男は遊牧民に比べたら白くてなよっちい。みんなジム行ってそこそこ鍛えてるらしいけど。だったら馬に乗ろうよ!

 f:id:sonoba4nogi:20160103141242j:image

ゲルで初めての人狼

人狼というゲームを夜にやりました。ルールはなんとなく知ってたけど参加は初めて。楽しかった!

運がいいことに全部の役職が回ってきて、色々楽しめた上に負けなしでした。ビギナーズラックいえい! でも最後に人狼で勝ってしまったのでイメージに傷がw

f:id:sonoba4nogi:20160103140309j:plain

参加者はつわものばかり

今回も女性が9割。雷で停電してシャワーとトイレが使えなくなろうとも馬から落ちようともゲルが雨漏りしていようとも遊牧民に求婚されようとも相撲を挑まれようとも、乗り越えていくすごいメンバーでした。

面白くて頼れる人ばかりで、ほんと自分の小ささとか浅はかさとか愚かさとかに気づいて打ちのめされます。がんばろう。


ほかにも、4年前よりもウランバートルの町がものすごく発展してたりとか、韓国で行ったトランジットツアー(タダで飲み食いできた!)とか、競馬とかモンゴル相撲とか弓矢が4年前より飛んだこととか民族衣装着たこととかフェルトづくり楽しんだこととかボーズ作ったりとか雨が気持ちよかったこととか星がきれいだったこととか犬やヤギと遊んだこととかおばあちゃんのヨーグルトとお菓子づくりだとかくるぶしの骨つかったゲームで白熱したりとか若手アーティストのギャラリー行ったりとか、たくさんありすぎて書ききれない。


4年前にも同じことをやったはずだけど、内容がパワーアップしてたり、自分が成長していたり、参加メンバーが違うから雰囲気が違ったり、で、ほんと楽しい旅でした。
迎えてくれる現地のみなさんがあたたかくて居心地がよくて、何度でも行きたい場所です。

そもそも、なぜモンゴルに?

モンゴルに2回目行ってきたって言うと、なんで?って必ず聞かれるんですけど、いつもうまく答えられなくて困ります。

1回目はモンゴルの国そのものに興味があったわけじゃなく、好きなオンライン作家さんがこのツアーに参加して楽しかったという日記を書いてて興味を持ったのがきっかけでした。観光地をあちこち連れ回されるツアーじゃなくて、タイムスケジュールの決まっていない、参加者みんなで作っていくツアー。馬に乗れる!っていう体験メインなのも魅力だったかも。
2回目は、もう一度馬に乗りたい!というのが一番かなぁ。もとから馬が好きってわけでもなくて、乗ってから好きになったし、モンゴルも2回目行ってから好きになりました。
だから、どこの国に行くかじゃなくて、その国で誰と出会って何をするか、が重要なんじゃないかしら。ほかの国行ったことないから知らんけどw

今やっていることをまとめてみた

このブログはもともと、友人が「せっかく面白いことやっていろいろ考えてるんだから発信しなよ!」と背中を押してくれてはじめたものです。

だからわりと、わたしの身近な人たちに向けて、今こんなことやってるよーと近況報告している感じで書いてます。

年末だし、ざっくりと今やっていることをまとめてみました。

山梨でタイニーハウスを作るワークショップに参加

残りあと3回。3月21日はオープンハウスってことでイベントがあるようなので、近場で興味のある人はぜひ来てみて!

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

さとう式リンパケアのSCM養成講座の取得

東京での講座は終了。宿題の動画を撮って提出して問題なければ合格です。

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

旅先でマトリョミン(笑)

行く先々にマトリョミンを持って行ってひそかな認知度アップをはかっています(笑)ゲストハウスで、とか。友人の家で、とか。

逆にここ数カ月は広島での活動にほとんど参加できなくなっているのがちょっと悲しい。

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

就職活動

仕事を辞めて早3か月。というかまだ3か月かぁ。もう1年くらいふらふらしている気分なのは日々が濃いからでしょうか。一応、つぎに向けてぼちぼちと動いてるよ。

 

nontkhm.hatenablog.jp

 

【高知】いえづくり教習所ワークショップに参加して

11月に、高知で「いえづくり教習所ワークショップ」に参加してきました。

blog.livedoor.jp

所長の中さんは、去年のタイニーハウスワークショップに参加されていたそう。

8月の「いえづくり教習所」にはわたしは参加していませんが、“二十歳になったら いえをつくろう”というコンセプトが好きで、現場の様子はずっとブログで拝見していました。

大工さんの学校ではありません。

そうじゃなくて、ごく普通の人でも、たとえば震災で家が壊れたとき、がれきの中から木を拾って自分で小さな家を建てることができる。そういう生きる力を身につけよう、というお話を、中さんに直接お会いして聞くことができました。

ワークショップの内容云々よりも、中さんはじめ高知の人にお会いできたのが、わたしの中では収穫でした。

f:id:sonoba4nogi:20160101135801j:image

一応内容は、8月の合宿で建てた家の作業のつづき。外壁を張る作業でした。人数がそんなに多くなかったので、結構がっつりと。

材料を切る前にひたすら墨出ししていたんですが、小さな家とはいえ、なかなか終わりが見えなくてこれが一番しんどかったかも(笑)

おいしいカツオや肉も食べられて、楽しかったです!

マトリョミンってなに?

どこかに行くとき、なるべくマトリョミンをもっていくようになりました。たまにドン引きされることもあるから空気は読むけど。

これがマトリョミンです。わたしのは一番左のネコ型のやつ。もう一体、クマも持ってます。

f:id:sonoba4nogi:20151226110843j:image 

弾いているところの動画をお借りしました。マトリョミンを開発された竹内先生の演奏。マトリョミンを見たことない人はぜひ。

www.youtube.com

 

マトリョミンとは?

マトリョミンってなに?って聞かれたら、だいたい「テルミンって知ってる?」って聞き返します。テルミンを知っている人には話がわりと早いんで。

ロシアの電子楽器テルミンをロシアの民芸品マトリョーシカのなかに組み込んだのが、マトリョミンです。

開発者は日本のテルミン奏者・竹内正実先生。日本人なんですよね。これもわりとびっくりされる。

どうしてマトリョミンが誕生したのか、は公式ページを読むと面白いです。一部抜粋。

日本にテルミンのカルチャーを根付かせ広めるにはどうすれば良いか。ロシアで行われていることをそのまま日本に持ってくるのでなく、なにか工夫が要ると常々考えていました。テルミンの機能をマトリョーシカの一体の中に収めるマトリョミンのアイデアは、そうした中でのひらめきです。

 どうしてもテルミンというと極端や前衛に偏りがちですが、それでは多くの人の関心を呼べない、振り向かせられないだろうと考えていました。テルミンを普及させるにはまず良い演奏を見せる必要があり、良い演奏家を多く輩出するには演奏家人口の裾野を広げなければなりません。ほとんどの国でみられる一部のマニアの専有化を防ぐには、良い意味で普遍性のあるポップカルチャー化の必要性を信じて疑いませんでした。そうして産まれたのがマトリョミンなのです。

Mandarin Electron Progress of Theremin from Japan

 

ほかによく聞かれて説明することをざっと並べてみました。

  • 手をふれずに、近づけたり遠ざけたりして演奏します
  • 近づけると高い音、遠ざけると低い音がなります
  • ウェブショップで買えます→Mandarin Electron Web Shop |
  • 値段は楽器にしては安いです
  • アンプやスピーカーにつなげられます
  • 大勢で演奏することもできます
  • 広島でも演奏者が10人くらいいます
  • 自分で好きな柄を描くこともできます
  • たまに公式からオリジナルデザインではない限定モデルがでることもあります。ネコはこれ
  • 楽器に名前をつける人もいます
  • 楽譜なくても弾けます
  • 絶対音感なくても弾けます
  • 練習すれば弾けます
  • 鼻歌をうたっているわけでは…
  • すこしでも動くと音がずれるので笑わせないでお願いw
  • 絵面はシュールですが宗教ではありませぬ

広島での活動はフェイスブックページで。

広島マトリョミン交流会&アンサンブルgururu

いいね!よろしくですー。

わたし自身はさいきん広島での活動に参加できてないけど。せめてもと旅先でマトリョミンの認知度あげてるよ!荷物多いときは置いてくけど。

f:id:sonoba4nogi:20151226111220j:image

 

タイニーハウスってなに?

よく聞かれることシリーズ。

だれか「山梨まで何しに行ってんの?」

わたし「タイニーハウスを作るワークショップに参加しに行ってる」

だれか「え? なにハウス?」

 

一度で聴きとってもらえないことのほうが多い「タイニーハウス」

ググって画像を見てもらったほうが話が早そう。

タイニーハウス - Google 検索

f:id:sonoba4nogi:20151216145231j:plain

わたしがざっくり説明するときは

「車輪のついた土台の上に小屋を作って、車で牽引して走るんだよ!」って言うかな。興味ありそうだったらもうちょっと丁寧に説明するけど。

 

アメリカではムーブメントになっているそう。わたしが初めて「タイニーハウス」を知ったのも「スマートサイジング」という翻訳本でした。

 

家って一度建てたらずっとそこに住み続けなければいけないものだと思っていたから、移動できる家があるなんて!って。知ったときにすっごいワクワクましたね。

本を読んだのは一年以上前だけど、ずっと気になっていて、日本でワークショップがあることを知って申し込みました。

9月から3月まで、全8回のワークショップ。折り返しの4回目まで終了して、残り半分です。毎回とても楽しく学ばせてもらっていて、あと4回しかないなんて、すでにさみしい気分。

simplifeタイニーハウス・ワークショップ 2015 - simplife | SiMPLiFE

墨出ししたり、材料を切ったり、ビスを止めたり、単に作業をするだけじゃなくて、「これから自分がどんな風に暮らしていくのか」深く考えるきっかけをもらっています。

本当に参加してよかった。まだ続くけど。

f:id:sonoba4nogi:20151226112539j:image

次は第5回目、12月26・27日に行ってきます!